2021年3月28日 礼拝説教
「十字架の主イエスを信じる」
音声↓


(新約聖書)ルカの福音書 23章32〜49節
   32 ほかにも二人の犯罪人が、イエスとともに死刑にされるために引かれて行った。
  33 「ど くろ」と呼ばれている場所に来ると、そこで彼らはイエスを十字架につけた。また犯罪人たちを、 一人は右に、もう一人は左に十字架につけた。
  34 そ のとき、イエスはこう言われた。「父よ、彼らをお赦しください。彼らは、自分が何をしているの かが分かっていないのです。」彼らはイエスの衣を分けるために、くじを引いた。
  35 民 衆は立って眺めていた。議員たちもあざ笑って言った。「あれは他人を救った。もし神のキリスト で、選ばれた者なら、自分を救ったらよい。」
  36 兵 士たちも近くに来て、酸いぶどう酒を差し出し、
  37 「お まえがユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」と言ってイエスを嘲った。
  38 彼 らは、「これはユダヤ人の王イエスである」と書かれた罪状書きをイエスの頭の上に掲げた。
  39 十 字架にかけられていた犯罪人の一人は、イエスをののしり、「おまえはキリストではないか。自分 とおれたちを救え」と言った。
  40 す ると、もう一人が彼をたしなめて言った。「おまえは神を恐れないのか。おまえも同じ刑罰を受け ているではないか。
  41  おれたちは、自分のしたことの報いを受けているのだから当たり前だ。だがこの方は、悪いことを 何もしていない。」
  42 そ して言った。「イエス様。あなたが御国に入られるときには、私を思い出してください。」
  43 イ エスは彼に言われた。「まことに、あなたに言います。あなたは今日、わたしとともにパラダイス にいます。」
   44 さ て、時はすでに十二時ごろであった。全地が暗くなり、午後三時まで続いた。
  45 太 陽は光を失っていた。すると神殿の幕が真ん中から裂けた。
  46 イ エスは大声で叫ばれた。「父 よ、わたしの霊をあなたの御手 にゆだねます。」こう言って、 息を引き取られ た。 
  47 百人隊長はこの出来事を見て、 神をほめたたえ、「本当にこの 方は正しい人であった」と言っ た。
  48 ま た、この光景を見に集まっていた群衆もみな、これらの出来事を見て、悲しみのあまり胸をたたき ながら帰って行った。
  49 し かし、イエスの知人たちや、ガ リラヤからイエスについて来て いた女たちはみな、離れたとこ ろに立ち、これらのことを見て いた。

(旧約聖書)イザヤ書 53章4〜6節、9〜10節
  4 ま ことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みを担った。それなのに、私たちは思った。神に罰せ られ、打たれ、苦しめられたのだと。
  5 し かし、彼は私たちの背きのために刺され、私たちの咎のために砕かれたのだ。彼への懲らしめが私 たちに平安をもたらし、その打ち傷のゆえに、私たちは癒やされた。
  6 私 たちはみな、羊のようにさまよい、それぞれ自分勝手な道に向かって行った。しかし、主は私たち すべての者の咎を彼に負わせた。

出典『聖書 新改訳2017』©️2017 新日本聖書刊行会